tatto.life 故郷があるから今がある 松井達人


私は昭和33年10月、岐阜県郡上郡八幡町という小さな山間の町で生まれました。当時の人口はおよそ2万人、かつては郡上藩の城下町として栄えた町です。今小町で生まれ、10歳まで栄町で育ちました。その後、家の都合で町外れの町営住宅に引っ越しとなり、学校も八幡から相生へと転校になりました。相生中学校を卒業後郡上高校(八幡町小野)に入学しましたが、経済的な理由から長くは続かず、入学して数か月で退学しました。そしてその1年後に上京、今日までの46年間東京葛飾で暮らしてきました。こうなるともう東京人といってもいいような気もしますが江戸っ子ではありません。私の父は立町、母は桜町、両親共に郡上八幡の生まれです。従って私は生粋の八幡っ子なのです。

2021年2月5日

故郷があるから今がある 全文を読む